育毛シャンプーの育毛効果についてまとめました
  1. 育毛シャンプーは本当に育毛できるの?

育毛シャンプーは本当に育毛できるの?

育毛シャンプーとは?

育毛シャンプーとはどういった製品を指すのか、何の成分が入っていればそう呼ばれるのかというと、特に「この成分が入っていないと育毛シャンプーとは呼べない」といった基準が設けられているようなことはなく、育毛に効果的と思われる有効成分が入ったもの、低刺激のものをそう呼びます。

今は洗浄力が強めのラウリル硫酸を使わずに、洗浄力は弱まるけれど頭皮に低刺激なアミノ酸系、または石鹸系の界面活性剤を使用しているシャンプーが、「育毛シャンプー」として売られているものの中では最も多いようです。

育毛シャンプーとは?

また育毛シャンプーには「発毛」の効果はなく、あくまでも頭皮や毛髪を洗浄するためのもの、頭皮環境を改善させ、髪の毛が生えやすい土壌を作っていくものだということを覚えておいてください。販売されている育毛シャンプーのパッケージをよく見てみると、髪が生えるという記載がないのは明らかで、どれも発毛や育毛する為に必要な健康な頭皮を作るサポートしますという内容ですから、きちんと理解して購入しましょう。これだけでは発毛は難しいのが現状です。

弱酸性のシャンプーは頭皮に良い?

弱酸性のシャンプーは頭皮に優しい、ダメージがないと言われていますが、これは人の頭皮は弱酸性なので、同じ弱酸性であれば強い刺激にはならない、という意味合いです。頭皮や毛髪を洗浄する際の刺激が原因で頭皮環境が乱れている人にとっては、刺激の少ない弱酸性のシャンプーは、「良い」ということができますね。

弱酸性のシャンプーは頭皮に良い?

しかし、弱酸性シャンプーにも苦手な点があり、それは洗浄力が弱いということです。洗い上がりがスッキリしないと感じる方もいらっしゃるようですし、毛穴の汚れもしっかりと取れるかというと、やはり洗浄力の弱さの方が勝ってしまい汚れが残ってしまうという状況になってしまうことも多々あるようです。落としそびれた汚れが原因で頭皮環境が乱れるようなケースもありますから注意が必要です。

また、弱酸性シャンプーを選ぶ際には、成分にも注目してください。パッケージの裏側には入っている成分が、配合量の多い順から記載されています。ここでアルコール成分などが含まれているシャンプーはいくら弱酸性と謳っていても、頭皮に対しての刺激は強くなってしまうので、要注意です。

ページのトップへ