薄毛が目立たない髪型とそうでない髪型があるそうです!
  1. 薄毛が目立たない髪型とそうでない髪型

薄毛が目立たない髪型と目立つ髪型があるらしい!?

気になる部分に持ってくる

薄毛を目立たせないためには髪を短くすることが一番なのですが、今まで短髪を避けてきた人、頭の形に自信がない人など長めの髪型にしてきた人は髪を短くするのに抵抗があると思います。そのような場合は、薄いところにまわりの髪を持ってくる方法があります。

たとえば、生え際が後退してきた人は前髪を下ろしておでこの広さを隠したり頭頂部が気になる人は周辺の髪を持ってきて隠すようにセットするといった具合です。薄毛の進行具合にもよりますが、薄毛があまり進行していなければこの方法で目立たせないようにできる場合もあります。

気になる部分に持ってくる

しかしセットがうまくいかないといつもよりも薄毛が目立ったり、雨風の強い日や夏の暑い日などは日中髪型が崩れてしまいます。激しい運動なども制限されてしまうため、薄毛の初期段階でない限りはあまりおすすめできない髪型です。

ベリーショート

薄毛を目立たせないために薄い部分を隠すという方法は、かなり手がかかる割には薄毛が隠しきれない難しい髪型だということはわかっていただけたと思います。

薄毛を目立たせないようにするのにおすすめなのはベリーショート、いわゆる短髪です。短髪というとスポーツ刈りをイメージする人もいるかもしれませんが、薄毛を目立たせなくするベリーショートは自然な感じに見せるのがポイントです。

ベリーショート

髪の量が多い部分は短くしたりすいたりしてボリュームを落とし、薄い部分は少し長めにします。薄毛の部分が極端に目立たないようにまわりの毛髪量とバランスを取るのがコツです。

またトップにボリュームを出すと顔が縦長にすっきり見えるので、サイドやえりあしは短めにします。もみあげを長めにするとさらに縦長効果が引き立ちます。トップはきっちり分け目をつけないで、自然な感じを出しましょう。

ワックスなどでふんわりクシュっとさせるといいでしょう。おしゃれな雰囲気を出すこともできます。

思い切って坊主に

ベリーショートでも薄毛が気になるという人は思い切って坊主にするのもおすすめです。

坊主といっても高校球児の5分刈りなどといったものではないので安心してください。坊主の場合、全体の髪の長さは短くなりますが、やはり髪の量が多くて濃い部分は短めに薄い部分は少し長めに、サイドはすっきり短くさせれば、高校球児の坊主にはなりません。

坊主は髪の長さ全体が短いので薄毛が目立たない髪型なのです。分け目を気にする必要もなく、髪がペタッとなる心配もないので気持ちもすっきりします。清潔感があるので本人だけでなくまわりからも意外に評判が良かったりします。

思い切って坊主に

さらに思い切ってスキンヘッドという選択もあります。こちらは勇気のいる髪型ですが、薄毛を気にしないで済む究極の髪型ですね。

スキンヘッドの場合一つだけ注意してほしいのが頭の形です。髪の毛でごまかせない分、絶壁など頭の形に自信がない場合はおすすめできません。スキンヘッドにしたいと思っている人は一度美容師さんに相談してみましょう。

ページのトップへ