ミノキシジルの効果と副作用についてまとめました
  1. ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルとは?

専門クリニックで処方される代表薬として有名なのがミノキシジルですが、実はもともと血圧降下剤として使用されている薬の副作用としてたまたま発毛効果が認められたものを、薄毛治療の薬として研究・開発し、製品化されたものになります。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルには塗るタイプと飲むタイプの2種類がありますが、今現在では頭皮に吸収しにくい塗るタイプよりも、体内に直接働きかける飲むタイプの方が有効的だと言われています。

またミノキシジルは市販でも売られているのですが、市販と医療機関で処方されるものでは濃度や効果が異なってきますのでご注意ください。また、薄毛治療専門のサロンやクリニックでは「プロペシア」と併用して処方するところがほとんどです。

ミノキシジルの効果と効能

ミノキシジルは毛髪の成長を司る毛母細胞の細胞分裂を活性化させることで毛髪が生えるように環境を整えてくれる薬です。現在では女性用のミノキシジル入りの発毛剤なども販売されており大変人気を集めていますが、非常に強い副作用をもたらすミノキシジルは、その濃度を1%以下に保たなければならないため、かなり長期に渡って継続していくことが発毛の前提となっています。またプロペシアとは違い頭頂部にしか効果がないということも念頭に置いておかなければなりません。

ミノキシジルの効果と効能

また、顕著な発毛率が1%程度であるとお話しした「プロペシア」と掛け合わせることにより、その発毛率は15%~25%にまで高まります。と言っても、細胞培養上清液や幹細胞培養液を用いた最新の再生医療による発毛方法における発毛率が約80%になりますから、比較すると決して高いとは言えない数値であることが分かります。

ミノキシジルの副作用

市販では発毛剤としても販売されていたり、専門クリニックでは第一手として処方されることから手軽に使用することができるようになったミノキシジルですが、実は非常に強い副作用があるということを知っておかなければいけません。現在までに報告された副作用については、主にめまいや頭痛などが多く挙げあられており、その他にも発毛するどころか皮膚炎になってしまった、というケースも多数報告されています。

ミノキシジルの副作用

見逃せない副作用として、脳卒中や循環器に関する事例も非常に多く挙げられています。こうなるといよいよ命にかかわる話になってきますから、決して手軽に使用して良いお薬ではないということがわかります。

ページのトップへ