副作用の強いAGA治療薬を使わない最先端の薄毛再生医療についてまとめました
  1. 副作用の強いAGA治療薬を使わない最先端の薄毛再生医療

副作用の強いAGA治療薬を使わない最先端の薄毛再生医療

AGA治療薬を使わない「再生医療」とは?

近年注目されている再生医療は薄毛の再生治療にも活用されており、現在も盛んに研究開発が行われています。中でも日本ナチュラルエイジングケア研究所によって開発された毛髪細胞再生(Hair Cell Revitalization)による「発毛HCR法」という薄毛治療法は、最先端の細胞活性技術によって細胞の老化を防ぎ薄毛を改善するという画期的な技術として注目を集めています。

発毛HCR法は、現在「メセル」というブランドとして提供をされており、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質を数百種類も配合した発毛HCRカクテルを、エレクトロポーレーションで頭皮に導入することで発毛を促します。

発毛HCR法の特徴は、その発毛率の高さにあります。例えばAGA医薬品であるプロペシアの顕著な発毛率が1%、プロペシアとミノキシジルの掛け合わせが15%~25%程度であるのに対し、HCR法には約80%の発毛率が認められていますから、その差は歴然です。

メセルの発毛HCR法のメリット

メセルの発毛HCR法最大のメリットは、ずばりAGA医薬品を使用しないことです。その結果、AGA医薬品の副作用の心配や服薬をやめると再び脱毛してしまう心配がないこと、コースを修了したら生活習慣や食事の管理をするのみなので継続的な負担がないことなど、様々な利点に繋がります。

費用面でも、少なくとも3年間は継続しなければならないAGA医薬品の場合、トータルで150万円以上にもなり、決して負担は軽いとは言えません。その点メセル発毛HCR法は、スタンダードコースが1年で約65万円、メンテナンスコースを3年間継続したとしてもトータルで約90万円と、長期的に見れば大幅なコストカットが見込めます。高額な頭皮ケア用品や専門機器の購入なども一切ありません。

また、現在は先着500名に最大10万円のモニター割引のキャンペーンも行なわれているようです。

AGA脱毛体質の改善とは

発毛HCR法最大の特徴として、「食事や生活習慣の改善と併せて」施されるという点が挙げられます。AGAには体質の根本的な改善が必要であり、毎日の正しい食事や生活習慣が重要だということを理念としているからこそ、自然に最も近い発毛が実現できるのでしょう。

AGA治療をリードしてくれるのは確かに専門店のスタッフや医師ですが、治療を受けるのは患者さん自身です。薄毛改善のためには、全てを店側に任せるのではなく、生活習慣の改善、バランスのとれた食事・十分な睡眠・アルコールの過剰摂取をしない・禁煙するなど、自分でできることは積極的にするという姿勢が何よりも重要です。せっかくよい治療をしても、生活が発毛育毛に程遠いものでは、その効果は半減してしまいますからね。

特に、人の体は食べ物で出来上がると言われているので、体の中から栄養素を取り入れて体質改善をしていくのがベストです。僕が気に入って毎日の習慣に取り入れているのは「メセル グリーントゥブラック」という毛髪の組織に重要な成分がたっぷり入った健康食品です。薄毛治療にはまず体質という、家づくりでいう基礎部分から作っていかないといけないということも決して忘れないで下さいね。

ページのトップへ