男性型脱毛症「AGA」についてまとめました
  1. 男性型脱毛症「AGA」ってなに?

男性型脱毛症「AGA」ってなに?

AGAとは?

最近テレビや雑誌などで見かけることが多くなったAGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことを指します。脱毛症の種類は数多く存在するのですが、AGAはその中の一つで特に男性に多いと言われています。男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しており、男性の中でも若い方中心に増加している傾向にあります。

AGAとは?

AGAの患者数は全国で1260万人と非常に多くの人が悩んでいます。気にはしているものの、治療をするまではいかないという人も多いようですがAGAは進行していく脱毛症ですので、早めの治療が必要です。5年後、10年後にあの時治療しておけばよかったと後悔しない為にも気になりだしたらすぐに専門店やクリニックにて正しい治療を受けることがオススメです。

AGAの原因

AGAの原因とは一体どんなことが挙げられるのでしょうか?男性ホルモンのテストステロンが関与していることは、皆さんもご存知だと思います。この男性ホルモンがどういった影響を及ぼしてしまうのかというと、ホルモンのバランスが正常でなくなるとヘアサイクル(毛周期)が崩れてしまい正しく機能しなくなることで新しい毛髪が生えてこないという恐ろしいことが起きてしまうのです。

AGAの原因

通常は、毛髪が抜ける前にその下で新しい毛髪ができているのですが、バランスを崩した頭皮では新しい毛髪が育ちきる前にするっと抜けていってしまうのです。ヘアサイクルの成長期にあたる部分が非常に短いスパンで終了して退行期に入ってしまうというのがAGAの原因となっているそうです。

AGAの進行パターン

AGAは治療しないとどんどん進行していく脱毛症ですが、進行にもいくつかパターンがあるようです。頭頂部から脱毛が始まり徐々に薄くなっていくタイプ、額の生え際から脱毛が始まり最終的には頭頂部から後頭部にかけて脱毛していくM字型のタイプ、前頭部から始まり頭頂部が脱毛していき前髪がどんどん薄くなっていくタイプの3種類に分けられています。

AGAの進行パターン

その中でも生え際から始まり、前頭部の脱毛に繋がるなど個々によってその脱毛状態は様々なケースがあります。AGAの中で最も多いとされているのが、前頭部から始まっていくタイプとされています。前髪が薄くなっていき、脱毛に気づく方が多いそうです。AGAはハミルトン・ノーウッド分類別症例と呼ばれる分類方法でⅠからⅦ型まで進行レベルが分けられています。このレベルを元にして個々に合った治療をしていくことになります。

ページのトップへ